ハーレーダビッドソン京都 スタッフブログ

カテゴリーアーカイブ

2019.01.22

メンテナンスのこと/ブレーキパッド編

メンテナンスで重要な箇所といえばブレーキ。

車体の制動に関わる、ブレーキパッドは、ブレーキをかけることで磨耗し、必要に応じて、交換が必要なパーツです。

写真のブレーキパッドは、危ない状態で、もう残量がほぼ無い状態。

ブレーキパッドも使用状況により、均一に減るとは限らず、片減りをする場合が。

外側からの簡単な目視では、なかなかわかりずらいので注意が必要です。

ですので、「定期的な点検」が必ず必要となります。

2018.07.23

AIR OK?

異常気象による、今年の夏の暑さは特別かと思われます。

皆様、熱中症など十分にお気をつけ下さい。

車両側ではオーバーヒートなど、気を付けて走行されてるかと思われますが、

「タイヤ」の状態も十分に気をつけなければならない項目です。

特に多いのは、空気圧の低い状態での走行です。

様々なトラブルの原因ともなりますので、定期的な点検、確認をお願い致します。

参考HP ミシュランタイヤ

moto.michelin.co.jp/motorbike/michelin/desktop/JP/ja/safe-riding/keep-your-tyres-safe.html

2018.02.03

限定クリーニングキット

H-D京都にて、ハーレーのクリーニングケア商品を、限定パックで販売中です。


「日常ケアキット」 特別セット価格 ¥3,800(税込)

水を使わずお手軽に綺麗に。汚れがつきにくく後々の掃除も楽になる、スプレー式クリーナーワックスセット。

エンジン周りのお手入れ用と、ボディをメインにレザーやゴム以外にすべて対応するクリーナー&光沢剤を1セットに。

2017.02.25

バッテリー充電/2004~2013年スポーツスター編

2004年から2013年モデルのスポーツスターのバッテリー充電方法のご案内です。

バッテリー端子にアクセスするため、シート左下のサイドカバーを外します。

この年式モデルは、シート下には何も無い為、シートは外しません。

カバーの開け方は、前回ご案内のブログにて、ご確認下さい。

www.kyotomotorclub.co.jp/hdksb/2017/02/1150/#more

2017.02.13

バッテリー充電/’14以降スポーツスター編

2014年モデル以降のスポーツスターのバッテリー充電方法のご案内です。

バッテリー端子にアクセスするため、シートと、シート左下のサイドカバーを外します。

シート、サイドカバーの外す順は、どちらから側でもOKです。

今回は、サイドカバーより外し始めます。

カバーは3箇所で車体に固定されています。

先ずは、カバー上に見える、2箇所のクリップに押し込まれてるファスナーを外します。

2017.02.08

バッテリー充電/補足

充電器にて、あるご質問を頂きました。

バッテリーチャージャーコネクターと、車両に標準装備されている、チャージャーハーネスのコネクターのサイズが違うとのご質問。

バッテリーチャージャーに標準で同梱されている、チャージャーハーネスコネクターは、、。

ぴったり同じサイズですが。。。

2017.02.03

バッテリーチャージャー(充電器)補足

寒い季節は、ほぼ毎日入るバッテリー関連のお電話。

その中で、

「ガレージで充電したいので、改めてハーレーの充電器を購入したい。

コンセントからバイク(充電器)まで距離があるため、延長コードを用意しておきたい。

なので、充電器自体のコードを含めた長さを知りたい。」

とのお電話を頂きました。

先ずは、延長コードをご用意頂くまでに、確認しておきたい事柄です。

800mAウォータープルーフ・バッテリーテンダー

99820-09 ¥16,100(税込)

上記の純正バッテリーチャージャーの本体とコードを含めた長さは、、、

結構、長いです!!

2017.02.03

バッテリー充電/ソフテイル編

冬の気持ちの良い日に、気持ちよくツーリングできるよう、しっかりとバッテリーのメンテナンスを。

今回は、ソフテイルファミリーのバッテリー充電方法を、ご案内致します。

2017.01.31

バッテリー充電補足/ダイナ編

2017年モデルには、ハーレー純正バッテリーチャージャーに対応する、チャージャーハーネスが装備されています。

ダイナでは、シート左下側のエレクトリカルパネルカバー内に格納されています。

補足で、こちらから、充電する方法をご案内致します。

2017.01.30

バッテリー充電/ダイナ編

「FXDL/ダイナ ローライダー」を例に、ダイナファイミリーのバッテリー充電方法を、ご案内致します。

2017.01.30

バッテリー

季節柄、バッテリー上がりのご連絡、お問合せが多くなってきました。

冬場は気温が低いため、また特に気温の落ち込みが激しい日があると、電圧が低下し、エンジン始動が難しくなります。

そもそもですが、バッテリーの寿命は約2年程となります。

メンテナンス方法、乗り方、車両保管状況等で、寿命は前後しますが、

バッテリー使用が、2年以降経過している場合は、早めの交換をオススメ致します。

H-D・AGM標準装備バッテリー

¥20,900~¥31,800(税込)

(※車種、年式別で適合品が異なります。在庫状況等、詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。)