ハーレーダビッドソン京都 スタッフブログ

2018.07.23

AIR OK?

異常気象による、今年の夏の暑さは特別かと思われます。

皆様、熱中症など十分にお気をつけ下さい。

車両側ではオーバーヒートなど、気を付けて走行されてるかと思われますが、

「タイヤ」の状態も十分に気をつけなければならない項目です。

特に多いのは、空気圧の低い状態での走行です。

様々なトラブルの原因ともなりますので、定期的な点検、確認をお願い致します。

参考HP ミシュランタイヤ

moto.michelin.co.jp/motorbike/michelin/desktop/JP/ja/safe-riding/keep-your-tyres-safe.html

その他、外観上の傷、ヒビ割れ等も点検が必要です。

すべてのヒビが一概に悪いわけではありませんが、タイヤの状況を確認する一つの目安となります。

また、タイヤの製造年月日も重要です。

タイヤ側面に「0707」と見ることができます。

前側2桁が、何週目に作られたか、後ろ側2桁が、何年製かを示します。

上記であれば、2007年の2月に製造されたものとなります。

現在2018年ですので、11年前のタイヤとなります。

溝は残っていても、タイヤとしての性能は十分に発揮できない状態となっています。

さらにこのタイヤ状況で、空気圧が足りない状態で走れば・・・・。

どんな未来を予想されるかは、想像に難くないはずです。

最悪の場合ですが、走行中バースト等もありえるかもしれません。

ぜひ今一度、走行前に点検を。