ハーレーダビッドソン京都 スタッフブログ

2017.01.31

バッテリー充電補足/ダイナ編

2017年モデルには、ハーレー純正バッテリーチャージャーに対応する、チャージャーハーネスが装備されています。

ダイナでは、シート左下側のエレクトリカルパネルカバー内に格納されています。

補足で、こちらから、充電する方法をご案内致します。

左側のケースカバーは、工具無しで開けられるよう作られています。

ケース下側を覗くと、右下のツメで固定されているのが、確認できます。

樹脂製の黒いツメを上側へ押し込み、ケースカバーを手前に引っ張ると外れるようになっています。

その後は、ケース上側のシートとの隙間を覗くと、

左右にケース本体からの突起物が、左右に確認できます。

わかりやすいよう、シートを外してみました。

カバーを上に持ち上げると、外れます。

(取り付けは逆順です。車体側へ押し込むように、上側から押し込みはめて、次に下側を押し込みます。

どちらも押し込み取り付けしやすいよう、取付部はクサビ状の形状となっております。)

カバーを開けると、チャージャーハーネスがすぐに現れます。

ケース内には、ヒューズなどが入っています。

あとは、純正バッテリーチャージャーに繋ぐだけで、充電可能です。

このモデルは、車両側の充電配線、バッテリーチャージャーハーネスが標準装備ですが、

バッテリーチャージャーをご購入頂くと、同梱で、バッテリーに直接繋ぐ、ご紹介と同じハーネスがついています。

任意の場所に、コネクター部を出しておくことで、ケースカバーを開けずに、充電が可能となります。

取付に関しては、お気軽にスタッフまでお尋ね下さい。