ハーレーダビッドソン京都 スタッフブログ

2021.07.23

テストドライブ RA1250S編 其ノ六

H-D RA1250S(以下RA)のメーター回り

対して、BMW R1250GS(以下GS)

GS、GS共に、どちらもデジタル液晶メーター。

GSは、中心にスピードメーターをデジタル表示、その上に横に流れるデジタルタコメーター仕様 。

RAは、同じく中心にスピードメーター表示ですが、円を描くようなアナログなデジタルタコメーター。

GSはフチなし全面パネルですっきり現代風ですが、RAはフチ有りで、全体的にアナログな雰囲気。

ただオフロード車としての安心感はRAかもです。

画面は通常モデルの円形メーターより広く大きく、照度も含めとても視認性が高いです。

走行状況に合わせて、右スイッチボックス上の「MODE」ボタンで、切り替えが可能です。

走行中でも、グリップに手をかけたまま、人差し指で操作可能です。

スピード表示の上に示されているマークが、現在のMODEを示します。(赤丸部分)

先ずは「ロード」

一般的な舗装道路に適し、バランスの良い設定とされています。

「スポーツ」

本来の性能を最大限引き出すモード。パワー制限が解放に、サスペンションダンピングは高い減衰率となり、浮き上がりを抑えるバランスに。

「オフロード」

トルク特性を抑え、パワーを中程度にコントロール。サスペンションダンピングは、初期減衰の低減、路面からのキックバックを吸収、追従性を向上させてます。

「オフロードプラス」

オフロードにさらに特化したバランスに。リアホイールのABSを無効、トラクションコントロールを最小に抑えます。

「カスタムモード」

各モードで、オーナーのお好みに合わせて、構成要素をカスタマイズすることができます。

「レイン」

雨天時や接地感が得にくい滑りやすい路面での状況に最適です。

トラクションコトロール、ABSが最大値に、サスペンションダンピングも追従性が高まるバランス設定に。

トラクションコントロールは、各モードに対してオンオフが可能です。

右スイッチボックス下の「TC」のボタンを長押しすると、キャンセルとなります。

キャンセル状態は、メーター画面左上に、TCのマークが表示されます。

(但し、オフロードモードでは完全無効ではなく、グレードダウンした状態に。

レインモードに切り替え時は、一旦トラクションコントロールが有効になります。)

各モードごとに、大きく走行スタイルが変わり、適時に合わせてモードを変更することが必要です。

「一つのモードをどの場面でも」では、車体のポテンシャルを引き出すことができず、逆に乗りにくいバイクとなってしまいます。

RAに乗るには、このモード選択、トラクションコントロールのオンオフとの使い分けが、バイクを楽しむための運転操作の一部となります。