ハーレーダビッドソン京都 スタッフブログ

2021.07.26

テストドライブ RA1250S編 其ノ七

クルーザータイプのハーレーでは躊躇するダートへも、難なく入っていくことができる PANAMERICA/RA1250S(以下RA) 

このバイクカテゴリーの醍醐味です。

 

積極的にモード選択を活用していくことで、様々なワインディングをRAで楽しむことができます。

オフロードモデルを選択すると、サスペンションダンピングが柔らかく変化し、

50mmぐらいのの段差なら、車両の上下も最小に、なんのショックも受けず走破可能です。

但し、オフロードモードを選択時は、構成要素のエンジンブレーキが最弱へ変化するため、

下りのタイトダートでは、コントロールに難しさを感じる一面が。

ここでRAの魅力の一つ、モードのカスタマイズです!

状況や自分の好み、スキルに合わせて特性のカスタマイズが可能です。

スクロール上に現れる、カスタムオフロードモード、カスタムA、カスタムB とでオリジナルの構成要素を記憶させることができます。

構成要素は7種。

① エンジントルクマップ

② エンジンブレーキ

③ スロットルレスポンス

④ トラクションコントロール

⑤ アンチロックブレーキシステム

⑥ サスペンションダンピング

⑦ 車高制御

例えば、エンジンブレーキ

エンジンブレーキ特性の強弱を選択可能です。

また、スロットに対する反応性を選択する場合も、

すこし鈍感にさせることも選択可能です。

これで、下りのガレ場、ザレ場もアタック可能です!

停車中であれば、いつでも変更、記憶させることができ、その時の状況に合わせて、一番最適な状態へ変更することが可能です。

モードの変更で様々な性格に変化、走行パターンを組み上げることができるRA。

どんな道でも走っていくことができる、アドベンチャーツーリングの名に相応しいハーレーです。