ハーレーダビッドソン京都 スタッフブログ

2020.05.13

CVO

FLHXSE CVO STREETGLIDE

CVOストリートグライド 2020年モデル

2020年モデルは、先行して登場していたカスタムパーツが組み込まれ、今までより軽快でスポーティなシルエットとなりました。

ロワーフェアリングの替わりに、FLTRXSE CVOロードグライドにも装備されていたチョップ・エンジンガードタイプとなり、重心位置が下がり、ミニマルな外観となりました。

2019年モデルはオイルクーラーカバータイプでしたが、

2020年からは、レギュレターまで覆うチンスポイラータイプに。

ホイールは、21本のスポークが放射状にのびるタービン・カスタムホイールでしたが、

同じホイールを両面組み合わせたような、より複雑で幾何学的な構造のホイールに。

スタンダードモデルと同じだったミラーも、

メタル製のブラックフェアリングマウントミラーに。

外寸が小さくすっきりとした印象に。

内部は、広角ミラーとなり可視範囲は損なわれていません。

ライダーへのエンジン熱を遮るプレート、シートとエンジンの間のミッドエアディフレクターは半透明仕様に。

左側が2020年モデルタイプ。右が黒シボ可能のスタンダードタイプ。

輝きと色の深みが出て、高級感があります。

エアクリーナーもオーバルタイプから、

ヘビーブリーザータイプへ。

117cbi (=1,923cc)のプレートがCVOを強調します。

エアクリーナーの形状が変わったことで、ビッグボアシリンダーが組み込まれたロッカーカバーサイドのスクリーミンイーグルロゴがはっきり読めるようになりました。

ヘッドライトは、リーン角に合わせ、進行方向へさらに灯りを拡大させる、アダプティブLEDヘッドライト。

跨った時の印象が大きく異なる、無骨なNEWタンクコンソール。

漂うオーラが「別格」です。