ハーレーダビッドソン京都 スタッフブログ

2017.04.15

クラッチを軽く

「慣れてしまえば」なのですが、それでも・・・。

レバーの太さや形状など、ハーレーらしいとされる独特のクラッチですが、

レバーを引く重さも独特なのが、昔からの特徴です。

一昔に比べると、雲泥の差の軽さなのですが、

ツーリングモデルやCVO、Sシリーズの油圧クラッチのモデルにお乗りの方、

もしくはこれから乗ろうとお考えの方で、どうしてもクラッチが重くお感じの方へ。

クラッチレバーの引きを軽くする社外品キットを組み込むことで、少しだけ快適にツーリングをすることが可能です。

まずは、2017年ツーリングモデルにお乗りの方へはこちら。

T.P.P VPクラッチ TPP013 ¥35,640(税込)

(CVO’13以降 スリッパークラッチのツアラーおよびSシリーズ対応)

+レバープッシュロッド TPP031 ¥1,620(税込)

(2017年モデル 油圧クラッチモデル)

今期2017年ツーリングモデルは、独特なクラッチの重さのため、慣れない方には、きびしく感じられるようです。

現在、その違いをご体感できるよう、期間限定で、ハーレーダビッドソン京都ツーリングモデル試乗車

「FLHXS/ストリートグライドスペシャル」に、VPクラッチを組み込み中です。

ノーマルに比べ30%ほど軽減しております。

その他のワイヤークラッチ式モデルは、ノーマル状態で日本車製並みの軽さになりましたが、

スポーツスターモデルに関しては、お人によっては(特に女性は)、クラッチが重く感じることが。

スポーツスターには、社外品のライトクラッチキットを組むことで、クラッチの重さを、ノーマルより30%軽減することが可能です。

キジマ ライトクラッチキット HD-04485 ¥9,720(税込)

こちらも期間限定ですが、ご体感頂けるよう、ハーレーダビッドソン京都試乗車「XL1200CXカフェカスタム」に、組み込み中です。

僅かな変化なのですが、組み込むことで、少しでも快適にお乗り頂けるようになれば。

【補足】

ちなみに、クラッチレバーはグリップと一緒に「にぎる」のでは無く、「引く」ものです。

少し意識して、レバーを「引く」感覚で、クラッチを切ってみて下さい。